2015年1月31日土曜日

Pop up miniature book "Nederland" ポップアップ豆本「オランダ」

すべて水彩の手描きによる1点物のポップアップ豆本「オランダ」完成しました。

オランダは昔から日本と特別な関係があった国。そんなオランダを豆本の世界で旅してみてはいかがでしょうか。有名な首都アムステルダムだけではなく、見どころがたくさんある国です。

                      表紙。文字は金色で豪華に。
          (画像では分かりませんが、丸窓にプラスチックをはめこんであります。)
     また画像では分かりづらいですが、表の紙全体に金色をうっすらとまぶしてあります。

 
背表紙。文字、装飾ともに金色で仕上げました。
 
                   本は、紐をボタンに引っかけて閉じます。


             



ページを開くと、オランダの4つの場所の景色が立ち上がるようになっています。今回は、ぞれぞれのページに小さな切手(切手風のデザイン)と、それぞれの地で有名な物を合わせました。

                1~2ページ目。デルフト。フェルメールの生誕地。
                 こちらはデルフト市庁舎がある広場です。
 
そしてもちろん、名産の陶器、デルフトブルー。
 
3~4ページ目。こちらはキンデルダイク、たくさんの風車が立ち並ぶ場所。
                 
                   
キンデルダイクの風車は粉挽き用ではありませんが、風車と言えばパン(?)でオランダ独特の黒いパンなど描き入れました。 
                   
 
                  
     5~6ページ目。言わずと知れた首都アムステルダム。通りには自転車がたくさんです。
 
                   
   7~8ページ目。こちらは平和宮。デン・ハーグにあり、国際司法裁判所もここにあります。
               
 
 左下に描いているのはコーヒー/キャラメル味のキャンディーの缶で、18世紀からあるという、オランダの伝統的なお菓子です。
 
開いたページを横から見たところ。
 
以下、制作過程より。


 
              デルフトブルーの絵皿にはクジャクと花を描いています。
 
ご購入いただきました、どうもありがとうございました。
 
ブログランキングに参加しています、クリックをよろしくお願いします↓ にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿